オンラインカジノ違法性(刑法185条)

 日本ではカジノや野球賭博などは賭博罪となり、五十万円以下の罰金又は科料に処する。賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

 

オンラインカジノは違法か?

 と、あるので日本で公営ギャンブル以外のギャンブルは賭博罪となりご用となるのです。

 

 刑法185条から言えば、パチンコもストライクで賭博罪となるわけですが、パチンコ店はお店ではあくまでも景品を渡しているだけでお金を賭けてはいないので賭博罪にはならないとか景品交換場がを別の場所に設置して、お店が渡した景品を景品交換所が買い取り、景品交換所が景品問屋に景品を売り、お店が景品問屋から景品を買うと言った三店方式での交換なので賭博罪にはならないとか風営法により管理されて営業しているので賭博罪にはならないなどと言った感じでパチンコは賭博罪から免れています。

 

 オンラインカジノもパチンコ同様に様々な法の抜け道を駆使して、違法性をウヤムヤにして運営をしています。

 

 オンラインカジノの場合はパチンコ屋より単純で、賭博罪は博徒と胴元の2者を揃えて、お金の流れや収支などを明確にしないと罪には問えないので、博徒(あなた)がオンラインカジノで日本国内で遊んでも、胴元が海外のオンラインカジノが合法な国で開帳している場合は、胴元を逮捕することが出来ずお金の流れや収支も明らかに出来ないので賭博罪は適用できないのです。

 

 賭博罪は当事者双方が危険を負担すること、要するに胴元と賭ける側の当事者双方が揃っていないと罪にはなりません。

 

オンラインカジノは合法か?

 胴元が海外でその国で合法的に運営されてる場合に、いったい何の罪で日本の警察や裁判所が海外の合法的に運営している胴元を裁くことが出来るのかを考えると、胴元と賭ける側の当事者双方が揃うことが無いので、賭博罪を立件することが出来ないので普通に海外のオンラインカジノを利用してプレーしても罪に問われることがないのです。

 

 日本でもオンラインカジノで遊んだ日本人3人が逮捕されたケースがありました。そのうち2人は略式起訴で罪を認めて罰金を支払いましたが、残りの1人は逮捕が不当と訴えて裁判で不起訴を勝ち取りました。これにより裁判所は海外のオンラインカジノを使い日本国内で遊んでも罪には問わないとの前例を作ったので、今後はより安心してオンラインカジノで遊ぶことが出来るようになりました。

 

 但し、罪には問われませんが、違法であることには間違い無いので、倫理的に違法行為はしないと言う人や、職業柄、違法行為を行うことは世間的にもマズい人は手を出すのは止めておく方が無難です。

 

 法的な罪には問われないが、教師や警察官や検事や国家公務員や政治家やタレントやスポーツ選手など法的な罪は無いが責任を取らされる恐れが完全に無いとは言え無いので職業柄、違法行為は出来ない人は手を出さない方が良いでしょう。

 

 

ねぇねぇおやじぃ~3人中1人が無罪になったんでしょ、でも2人は逮捕されちゃったんだよね、全然安全じゃないんじゃないの?


 

 

3人が逮捕されたんだけど、そのうち2人は略式起訴って言って、裁判などせずにメンドウだし罪を認めて罰金だけ払って終わらせたって感じなんだよね、そして不起訴になった1人が逮捕されたのは不当だと訴えて裁判所で警察と争ったんだけど、見事!不起訴になったんだ。だから警察も簡単には逮捕って出来なくなったんだよね


 

 

さっぱり意味が分からない!要するにオンラインカジノで捕まっても裁判をしたら無罪になるってことでいいのかな?
それでも法律的には違法だし、俗に言うグレーゾーンってやつですか?


 

 

まーそうだね、ケースにもよるけど、きちんと海外のオンラインカジノで海外にサーバーがあり決算も海外でしてれば安全に遊べるって裁判所からのお墨付きを貰えたって感じかな~法的にグレーゾーンって言われてたけど今ではオフホワイトぐらいになったかな


 

 

オフホワイトって  ・ ・ ・  宮迫~


オンラインカジノ違法性(刑法第2条、刑法第3条)

 オンラインカジノ摘発と言ったことを聞いたことがあるようなないような感じがすると思いますが、オンラインカジノが摘発されることは滅多にないことです。

 

 完全に無いとは言えないのですが、そのカラクリはインターネットカジノカフェと言う名のノミ屋が摘発されたってことです。オンラインカジノを使って日本人が日本国内でお金を集め、日本国内でプレーさせて、客が勝てばお金をその場で支払うと言ったシステムのインターネットカジノカフェ通称インカジなどが摘発されたことは過去に何度かありました。一般的な使い方では無くノミ屋的な行為なので当事者双方が揃ってしまう。捕まえてくれと言ってる様な運営方法なので摘発されて当然でしょう。

 

 通常通りに海外のオンラインカジノを利用してプレーした場合は刑法185条で書いた通り、当事者双方が揃うことが無いので罪に問われることが無いのですが、日本で運営されていて胴元が日本にいる場合はオンラインカジノでも完全にアウトです。また、海外のオンラインカジノを使って、日本国内で自分以外の者に賭けさせて、賭け金を貰ったり、配当を支払ったりした場合はオンラインカジノを使った別物の賭けになるので逮捕されます。JRA中央競馬を他人に賭けさせて掛け金を貰い、当たったら配当を渡すと言ったノミ屋といわれる行為と同じことなので逮捕されます。

 

オンラインカジノは合法か?違法か?

 ここで紹介しているオンラインカジノは全て海外の各国政府公認のオンラインカジノで中には株式上場しているようなオンラインカジノもあるぐらいなので安全ですが、ここで紹介してるオンラインカジノ以外でプレーする際は、あまりにも画像のクオリティーが低すぎたり、ホームページの作りが下手すぎる場合などは注意した方がいいでしょう。また、自分のオンラインカジノのIDで他人に賭けをさせる行為はノミ行為になるので注意して下さい。

 

 他には海外で運営していると装って日本で運営されてるオンラインカジノも事実を知らなくても捕まるので注意して下さい。刑法第2条や刑法第3条であるように、日本国外でプレーしているという状況がオンラインカジノで安全にプレーする条件です。

 

 例えば、日本人が海外旅行でラスベガスに行ってカジノに興じて帰国後に捕まったってことが無いように、国外ではその国の法律を守ることが優先なので日本の法律は適用され無いのです。但しで、刑法第2条や刑法第3条があるのですが、国外ではその国の法律が適用ですが、重犯罪の場合は日本国民に適用する罪として刑法第2条や刑法第3条があるのですが、そこに書かれてる項目に賭博やギャンブルやカジノなどは一切の記述がないことからオンラインカジノでのプレーはカジノが運営されてる国の法律を適用するとのことになるのです。

 

 オンラインカジノでも海外のサーバーで海外のオンラインカジノが運営するギャンブルはその国の法律が優先されるので、日本人がプレーしても全く問題がないのです。正確には現状ではオンラインカジノを取り締まる法律が日本には無い状態なのです。

 

 

ねぇねぇおやじぃ~ノミ屋ってどういうこと?海外のオンラインカジノで賭けてもオフホワイトなんでしょ、なんで逮捕されちゃうの?


 

 

海外のオンラインカジノで個人で賭けても安全だけど、安全な海外のオンラインカジノを使って、日本で客を集めて日本でお金を貰ったり支払ったりすると、客と海外のオンラインカジノのギャンブルじゃなくなって、客と客を集めた人の2人のギャンブルになってしまうので賭博罪が成立してしまうんだね


 

 

あーそっか~、だから無料お試しでお父さんとかお母さんとかの名前で無料チップを貰ったら逮捕されるよって言ってたのか~、お父さんとかお母さんがノミ屋になって私がお客さんになっちゃうんだ


 

 

まーそんなケースで逮捕されたってことは聞いたことはないけど、可能性はあるね、他には、ワールドカップを賭けてるところに友達が明日の試合日本の勝ちに1万円賭けといてってお金を渡した場合などもノミ屋になるかな~、警察がどうやって調べるとかは別として、変な使い方をせずに普通に使いましょうってことだ。


 

 

可能性はある  ・ ・ ・  オフホワイト


次のページ・・・オンラインカジノの危険